×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

音楽ユニット「ナナ・イロ」のギター担当。

クレイ人形制作を始めたきっかけは、ナナ・イロのCDアルバム「雨のち晴れ」のジャケット内に自分達をキャラクターにしたクレイ人形の写真が使用された事。

相方の「あい先輩」や音楽事務所の人、身近な人たちに面白がってもらえた事で調子に乗り、

2009年頃より本格的にクレイ人形制作を始める。

作品は動物をモチーフにしたものが多く、誰かを動物に見立てた似顔人形も制作している。

普段は音楽活動の合間に、自分の部屋で一人こもって動物仲間を増やしているが、

本人はこれを「前向きな引きこもり」であると称している。

 

2009年夏に福井県鯖江市のカフェ「カンパネルラ」で初めての作品展を開催し、その後年に数回、いろいろな場所で作品展を行っている。

2011年には子供向け粘土教室を開催。子ども達の作品と笑顔に癒される。

 

これからも「ナナ・イロ」の1つの色として、音楽においても作品においても、求めてくださる方に笑顔になってもらえるような活動を目指している。

 

 

〜経歴〜

 

2009年3月   ナナ・イロ「雨のち晴れ」のCDアルバム内にクレイ人形の写真が使用される

2009年7月   福井県鯖江市カフェ「カンパネルラ」にて初個展開催

2010年1月   福井県福井市「家の森」で開催された5人展に参加

2010年3月   福井県鯖江文化センターで行われたコンサート「音の起源」に出演したアーティストをモデルにした作品を展示

2010年6月   金津小学校にてナナ・イロのコンサートと作品展を同時開催

2010年7月   カフェカンパネルラにて作品展

2010年8月   福井県敦賀市にて作品展開催

2010年10月  明倫中学校にてナナ・イロのコンサートと作品展を同時開催

2011年6月   四万十川カッパ造形大賞で「四万十町長賞」を受賞

2011年8月   FBCロビーにて24時間テレビのイベントの一環で作品展開催

2011年10月  福井県「子ども文化祭」にて粘土教室開催

2012年1月   福井県福井市「家の森」で開催された「i art」展に参加

いわほりみちこ プロフィール
いわほりみちこ プロフィール

うつみあい(写真左)ボーカル&キーボード  
おしゃべり担当愛知県出身 福井市在住。
1982
12月生まれ。 あだ名は「あい先輩」。

◆いわほりみちこ(写真右)ギター&コーラス  
スマイル担当福井県出身 旧清水町在住。
1983
12月生まれ。あだ名は「みっちゃん」。

〜ナナ・イロのこれまでとこれから〜 2002年秋、福井県立大学の軽音楽部の先輩・後輩だった2人がユニットを結成。自主制作CDを作り県内を中心に、各地のライブイベントに多数出演しオリジナル曲を披露する。2006年、フジテレビ「めざましどようび」の番組テーマソングコンテスト「めざうたコンペ」に楽曲を応募、2,000通以上の応募者の中から見事優勝し、200611月にシングル「たからもののうた」で全国CDデビューを果たす。
これまでに2007年5月「ブランケット」、20082月「ひとひかり」の計3枚のシングルを発売。
全国デビュー後も福井から離れることなく、福井県内外でのライブイベント・キャンペーン、ラジオ番組
のパーソナリティなども精力的に行う。200811月には鯖江市文化センターでの初の単独コンサ
ートを大成功におさめる。2009315日にはユニット結成以来待ち望んできたフルアルバム「雨のち晴れ」発売。2010年秋からは個人事務所「奏ギフト」を2人で立ち上げ、これまで以上に地元を大切にしながら、「音楽とおしゃべり、あったかい気持ちの配達人」をモットーに活動を展開中。小中学校、老人福祉施設、結婚式場、ホテル、お祭りなど、出演歴は多岐に渡る。2011年春には映画「ほしのふるまち」挿入歌に抜擢。今後も2人が出会った大好きな福井を活動拠点にしながら、「地域密着型ほんわかミュージシャン」を目指してライブ活動をし、音楽の枠を越えてさまざまな創作活動も行っている。

ナナ・イロ